山形の外壁・屋根塗装といえば「水戸部塗装」幸せ★リフォーム通信
山形県寒河江市の外壁・屋根塗装・リフォームといえば「水戸部塗装」!現場から最新情報をお届けします。
こんなところにも…
20090330191607
ブログをご覧くださいます皆様、大変ご無沙汰してしまいました。

ちょっと出張しておりましたもので…。

その間にも現場の方は、順調に着々と進んでいまして、T様邸も足場解体を待つのみとなりました。

その前に、塗り残しやムラ、テープ屑など落ちていないか、検査してきました。

もちろん、担当者が複数の目で確認していますが、見落としということもあるので、最後は私が確認しています。

お客様に最高の品質と、最大のご満足をお届けするためには、最後の詰めが欠かせません。


T様邸は、既存モルタルの吹きつけ仕上げの上に、グレードアップした厚みのある仕上げ材を吹きつけました。

吹き付けの場合、写真のように、取り合い部分がピシッとなっているかどうかや、吹き付けかすが落ちていないかどうかも、重要チェックポイントです。

ご在宅だったご主人と、十分ほど立ち話をして、無事終了となりました。(^O^)


性格上、真っ直ぐなところは真っ直ぐになっていないとイヤなほうなので、特にこんなところに目が行ってしまいます。

いくらかでもプラスになるこだわりであれば、沢山あったほうが必然的に質の高い仕事になっていくと思います。

でも正直、最終チェックだけは何回見直ししても心配です…
スポンサーサイト
塗りはじめたら…
20090325231921
先日洗浄したF様邸も、シーリング打ち替え完了し、養生ビニールを貼り終わり、いよいよ二階部分から塗りはじめました。

こちらの外壁は、シックにまとめるため、3分艶の仕上がりになります。

エアコンの配管も、目立たないように塗ります。

順調に塗り進めていたら、何やら白いものが…

そう、雪です。

まさか本当に降るとは…

もうすぐ4月なんですけどねぇ。

次第に、のそのそと降ってきたので、早めに終業となりました。

本当に恨めしい雪となりました。

お願いですから、春さま、早く来てくださいませ!
総会続き…
こんばんは。

3月も終盤になり、子供達も春休みに入りました。

1月の新年会ラッシュで始まった色々な団体も、今月は総会が多い月でした。

今日も朝から、私が幹事の一員を務めている 山形県建設労働組合連合会青年部協議会 という、大変長い名前の団体の定期大会でした。

県内十単組から、約七十名が集まり、私達寒河江からは、五名で参加しました。

今年は、4つに分かれてそれぞれのテーマについて話し合う、分科会がありました。

そのうちの一つ、賃金、労働、仕事、技術の座長として、会を進めながら、意見交換してきました。

最近の賃金下落をはじめとする、労働条件の悪化についての状況や、取り組みの意見交換、議論に始まった話しも、突き詰めていくと仕事の確保、営業の話しになりました。

職種は違っていても、悩み、課題は皆一緒でした。

地元の仕事は、地元の職人で という想いも共通していました。

こんなふうに、同年代の仲間が集まり、話し合うことも、元気が出たり、参考になったりして貴重な時間だな、と感じました。

自分たちが身に着けた技術で、地元の方々の役に立ちたいという想いが、職人の原点であり、技術と共に磨き、深めていくことが明るい未来につながっていくと信じて、頑張るしかありません。

地元のみなさんに、支持され、勝ち残るために行動あるのみ!
洗剤の名は‥まこごろ
20090321145855
こんばんは

写真は洗浄に入ったF様邸の窓ガラスを、洗っているところです。

ガラスはもちろん、網戸も結構汚れているんです。

外壁を洗う前にこうして、手で優しく洗っておき、あとは洗浄機で外壁と一緒に流します。

窓洗いに関しては、クリーニング業者の方々にテクニックではかないませんが、私達はサービスですし、まこごろという洗剤を使ってますから…きれいになります。

“一軒まるごと水洗い”ダイナミックな感じがしますが、実は意外と気を使うんです。

内部に水が入らないように、水圧を調整したり、電気系統に気を使ったりただかけている訳ではないんです。

“新築時に蘇る感激の塗り替え”もこんなところから始まります。
分かりますか?
20090315075451
こんばんは。

久しぶりの更新になってしまいました。

色々立て込んでいたもので…

写真は、先週のブログで取り上げた塗料で、二年前に塗り替えた我が社の倉庫です。

分かりにくいかと思いますが、軒下の部分には筋状の汚れが目立ちますが、軒の無い部分は比較的きれいなんです。

理屈は、昔は自動車のワックスやコーティングが撥水だったのが、親水になったのと同じです。

水を玉のようにはじくのではなく、ダラーッと流れる感じです。

それだけで汚れにくい訳ではなく、色々な技術が詰まっているのですが、そこが塗料メーカーの企業秘密であります。

同じ性能を謳っても、差が出る所以です。

本当に塗料も日々進化しているので、常にアンテナを張り、間違いの無いものを探し出し、お客様にお薦めするよう努めております。

心を込めた職人技も、1日でも長持ちさせたい思いも、良い塗料があってこそなのです。
よくあるんです
こんばんは

今日は、笑顔が素敵なシール隊長が

書かせて頂きます。



今週から、新しいお客様のリフォーム現場に

入らせて頂いてます

下の写真は、どちらのお宅にもあるヴェントキャップです。

何かおかしいと思いませんか?

じつは周りのシーリングが未施工なのです。

この手の部材は、取り付ける業者さんが

違ったりして、責任の所在が 不明確になりがちで

実際、こちらのお宅も、この一個だけ未施工でした。


こういう穴は、貫通部と言って壁が抜けてしまっているので

雨水等が入ったら壁の中の断熱材等が、濡れてしまいますし

冬は中の暖かい空気が 外壁の裏側で冷やされて

結露して いろんな悪さを働きます。

今の建物は、取り付ける前に 壁厚分の塩ビ管などを

入れてしまいますので、漏水の心配はありませんが

4~5年ほど前の建物は 怪しいと思います。

他に良くあるのが、量販店等で取り付けるエアコンです。

化粧カバ-を外してみると    何も処理が

されていない なんてことも良くあります

そこで 発見次第以下のような対策を行います。

1 003

まず キャップを取り外します。(エアコンも同じです。

2001.jpg

次に、湿気 雨水などが入らないように

入念に 下打ちします。

3.jpg

更に よーく接着 密着するように 押し込みます。4.jpg

すると、写真の様に周りから にゅーっとあふれてくるので

それを 仕上げると 完成です

5.jpg

このように、今現在 お客様のお住まいを

ただ 塗ればいいのではなく

起こっていることの原因を探り

改善し 安心して住み続けて頂く事が

私たちの会社の存在理由であり

何よりも 嬉しいことです。
何屋さん?
20090307190536
塗装屋の仕事は、非常に幅広く、コテなんかも使います。

ジャンル分けすると、意匠性厚膜仕上げ という作業になります。

その名の通り数多くの柄や、質感、厚みを表現出来る本当の自分の家だけのオリジナルです。

同じ模様の家は、この世に存在しません。

正にカスタマイズと言われるものです。

サイディングを張って仕上がりとする、“乾式”に対して、“湿式”と言われるこのような工法は、最近又見直され、人気があります。

人と同じものはイヤ、というこだわりのある方には、お薦めすると共に、実績豊富な私たちがお役にたてると思っております。

“ガーデニングが映える家に… こんな希望もかなうかもしれません。

ぜひお試しを…
少し遅れてますが・・・
H様
  H様邸の塗り替え工事も、少し遅れ気味ですが、

  
  何とか先が見えてきました。

  東面からスタートし、北面、西面と順序よく回り、

  残すは南面のみとなりました。

  軒出のない、陸屋根の建物なので、天気に多少影響されましたが、

  雨養生と段取りの工夫により、仕上がりはもちろん、品質には、

  全く影響はありません。

  
  こちらの上塗りは、雨で表面の汚れ等が流れ落ちる、低汚染の塗膜です。

  効果の程が、疑わしいものも多々あることも事実ですが、

  この塗料は、看板に偽りなしです。


  なぜなら、私どもの倉庫もこれで塗り替えし、効果をみているからです。

  雨の当たるところは、本当に綺麗に保てるので、軒出のない建物には、

  ぴったりの塗料です。

  軒下の雨の当たらない所と、比較すると一目瞭然です。

  お客様のところに使うものは、間違いのないものでなくてはなりません。



  どんな時でも、この気持ちは忘れてはいけないと、これからも本物だけに

       こだわっていきます!



プロフィール

mitobetoso

Author:mitobetoso
水戸部塗装へようこそ!
水戸部様02
山形県寒河江市で、大切な住まいの塗装・リフォーム外壁を施工している水戸部塗装です。現場で起こる最新の出来事を、いち早くお届けしています。ホームページもぜひご覧ください。
>>> 『有限会社 水戸部塗装』



カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード